お問い合わせ

羽織・コートのお仕立をご依頼のお客様へ

  • 羽織・コートは、オンラインショップよりご購入いただきましたら、その後、お仕立の有無、寸法等について、こちらからお問合わせをさせていただきます。
  • お問合せは、メール(またはお電話)にてご連絡させていただきます。こちらからの詳細お問合せについて、必要事項をご記入いただき、ご返信ください。詳細のご確認がすべて完了いたしましたら、お仕立てに入らせていただきます。
  • 羽織・コートのお仕立てに含まれるもの

    <羽織> <コート>

    <雨コート>

    • お仕立て
  • コートの形状

    着物の上に羽織るものには、羽織のほか、道行(みちゆき)、道中着(どうちゅうぎ)、などのコート類がございます。また、それぞれのコートは、衿の形なども様々あり、コート丈もさまざま。お好みの形でご自分らしいコートをお仕立ていただけます。

    <道行コート>

    道行とは、衿のあきが四角型で、額縁のように縁取りのあるものです。それ以外には、変り衿として、都衿、千代田衿、被布衿などがあります。道行衿は、コートの衿の中では、定番でもあることから礼装用にも広く好まれています。丈は、羽織丈より長めの半コートに仕立てるのが一般的ですが、お好みの丈でお承りいたします。

    • 「道行(みちゆき)」とは、歌舞伎の演目「仮名手本忠臣蔵」の道行(駆け落ち)の場面で役者が鷹匠合羽を着用していたことから人気が出て、道行と呼ばれるようになったそうです。
    道行

    <道中着・道中合羽>

    道中着とは、旅路のことをあらわす「道中」の衣装のことで、本来は旅装束のことでしたが、現在では、着物のように、衿を合わせて着る形のコートを差します。

    道中合羽とは、室町時代後期頃から江戸時代にかけて、雨具、防寒具として武士や行商人、浪人が利用した外套です。羽織った姿が、鳥の両翼のようであることから合羽(カッパ)と呼ばれるようになりました。

    きもの衿

    きもの衿は、衽をつけて、着物のような仕立ての衿が付いています。

    被布衿

    被布衿は、衿肩に丸みのある小衿が付いた、肩付きの飾り紐が特徴的な衿型です。

    道中着衿

    道中着衿は、衿が、身頃の裾まで付いている形の衿です。

    道中合羽、スタンドカラー、霧西亜
  • ご自身の羽織・コートの寸法がおわかりにならない場合は、お気軽にご相談ください。
  • お仕立に要する期間は、約40日間となります。お急ぎの際はご相談ください。
  • お仕立は、手縫い仕上げとなります。
  • 尚、ガード加工をご希望の場合は、プラス1週間を要します。
  • 紋入れのご相談承ります。
お問い合わせフォームへ

商品カテゴリ商品カテゴリー

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。