お問い合わせ

【特集 伝統工芸展開催中】【生駒暉夫】《作家コメントあり》東京友禅 小紋「音符」

商品番号
1010103663_i

2020年9月16日(水)より、 東京での開催を皮切りに全国10の会場で「第67回 日本伝統工芸展(令和2年)」が開催。 染織をはじめとする諸工芸7つの部門の伝統の技術を現代の感性で磨き上げた素晴らしい作品が並びます。ぜひ、足をお運びください。
※銀座もとじは2019年より「公益社団法人 日本工芸会」の協力企業として活動を応援させていただいております。
第67回日本伝統工芸展詳細、全国巡回スケジュールはこちらから

「人間国宝」作品一覧
「日本工芸会会員」作品一覧

古典をふまえた遊び心で
東京友禅の粋な美しさを表現


東京友禅作家・生駒暉夫さんは、長野県佐久市の緑あふれる豊かな森と悠然な大地で18歳までを過ごしました。
伝統を踏まえつつも動きのある大胆な構図、豊かな色彩表現が持ち味の「東京友禅らしい品格のある都会的な感覚」を大切にした職人の粋。
夕暮れ時まで野山で虫を追いかけ、山脈の峰を眺めながら山道を歩いた幼少期。朝もやに包まれる幻想的な瞬間、雪が全てを白に包み込んだ銀世界の美しさ、自然の荘厳そして四季をめぐる風情。
そこで育まれた感性が、あたたかな視点で、時に微笑あふれるユニークなモチーフで作品に表現されています。

【作家コメント】
作品名:『音符』
音符を全体に白い糸目と色糊を入れ、遊び心の着尺です。生地はあまり織られていない変り織を使い、地色は薄いグレー地です


思わず微笑んでしまうユニークなモチーフ、優しい雰囲気から粋なムードまでさまざまな印象の四季の花草、そして動物や虫まで、古典を踏まえつつも発想力豊かな意匠性はきっとお好みの作品を見つけていただけることと思います。

どのような装いでも“品格”を大切にし、着る人を引き立てる着物を、と追求される生駒暉夫さん。自然を愛でる素直な心と、東京友禅の職人の粋が美しく、そして優しく表現された作品です。
生駒暉夫さんならではの感性が作り上げる「東京友禅らしい品格のある都会的な感覚」をぜひお楽しみください。


生駒暉夫 プロフィール

長野県佐久市生まれ、建具職人の父のもと、四人兄弟の次男として育ちます。
高校卒業後、都内の呉服会社に就職、以後12年間デザインに従事しながら、夜は武蔵野美術専門学校でデッサンや造形の基礎を学び昼夜研鑽を積み重ねます。
同郷である井原優山氏に月2回、25年間、水墨画を学び、構図、図案、一筆で生命力を描く筆遣いは、一枚の着物をキャンバスとした時に大いに生かされることになります。
30歳、作家として独立、図案から箔置きまで室内でできる作業の全てを一貫して手掛け、友禅ならではの線描の美しさを20色近い色糸目で表現。四季を愛でる作品から話題性や趣味、風習にユーモアを取り入れた作品まで、作品構成も大変豊かです。
後継者育成にも力を注がれ、9人のお弟子さんが独立しています。

令和元年 第53回日本伝統工芸染織展 友禅訪問着「秋風」日本工芸会会長賞
令和2年 第54回日本伝統工芸染織展 友禅訪問着「蒼映」東京都教育委員会賞 
銀座もとじ 和染 2008年初個展、2011、2013、2016、2019年 5回開催

【和織物語】「自然のダイナミズムを示す構図と空間-生駒暉夫の友禅」著者: 外舘和子(多摩美術大学教授)
「弊店40周年への生駒暉夫さんからのメッセージ」
【作家産地】「生駒暉夫」について


  • 素 材: 絹100%
  • 仕 立: 袷(女性)
  • 納 期: 寸法確定後約40日
  • 価 格: お問合せください
    *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
 【女性のきもの/きもの】についてのお仕立て詳細は、こちらをご覧ください。
 ご納品までしっかりフォロー&サポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【特集 伝統工芸展開催中】【生駒暉夫】《作家コメントあり》東京友禅 小紋「音符」
【特集 伝統工芸展開催中】【生駒暉夫】《作家コメントあり》東京友禅 小紋「音符」

商品カテゴリ商品カテゴリー