お問い合わせ

《プラチナボーイの作り手メッセージ紹介中》結城紬 地機 生掛「細縞 黒×グレー」(広巾)

商品番号
2016200066
特別価格 (税込)
1,311,000
通常価格(税込)
1,380,000

こちらの商品におすすめの関連商品のご紹介

【《作り手から届いたメッセージ》一本の糸から 40年の歩み ~今こそ 繋がり~】
第6回目《自給率1%に挑戦するプラチナボーイの戦い》
着物の国、絹の国、日本。かつてこの国が、世界のシルク市場を独占するほどの絹の輸出国だったことをご存知でしょうか。
現在、国内の自給率は「約1%」
この逆境に立ち向かうべく、世界初のオスだけの蚕品種「プラチナボーイ」を、銀座もとじは繭からプロデュースし、作り手の皆様、応援し支えてくださる皆様と共に、一本の糸から始まる情熱のバトンを繋いでいます。
今回は、プラチナボーイに縁の深い10名の皆様からのメッセージをお届けいたします。
プラチナボーイの作り手(養蚕農家/製糸/製織/作家等)からのメッセージ
《作り手から届いたメッセージ》一覧

「プラチナボーイ」は銀座もとじが“純国産”の“履歴のわかる”ものづくりを進めている特別な絹です。
「プラチナボーイ」商品一覧はこちら
「プラチナボーイ」についてはこちら


銀座もとじが繭からプロデュースしている極上の純国産絹糸「プラチナボーイ」を用いて〝地機”で織り上げた、特別な結城紬です。

「プラチナボーイの結城紬」は、現代では大変珍しくなりました、昔ながらの「生掛(なまがけ)」の糸にこだわって織り上げた、大変希少な作品でございます。

こちらは黒×グレーで織り上げられたきりりと粋な細縞模様。ストライプのシャツ感覚で楽しめるシンプルさがありながら、コントラストのはっきりとした縞の主張が個性的なデザインです。

※生地巾は<1尺5分(約39.7cm)>の【広巾】でお作りしました。裄の長い男性女性にもお役立ていただきやすい希少な結城紬です。


「プラチナボーイの生掛の結城紬」について

結城紬は通常、繭は乾繭(かんけん)にしてから煮出して糸を取りますが、「生掛」は生の状態で糸を取ったもの。そのしなやかな肌触りはきっとひと触れでおわかりいただけることでしょう。肌触りが全く違います。

またさらに、プラチナボーイの糸は細く長く、そして丈夫さが特徴の為、真綿の糸取りや織りでも切れにくく、切れた時の糸の結び目が少ないので、布地の凹凸が少ない“平らな”生地が実現されました。

「プラチナボーイの生掛の結城紬」ならではの極上の絹感。
洗い張りをすればするほど、さらなる別格の肌触りをご堪能いただける逸品でございます。


「プラチナボーイのトレサビリティ」について

【プラチナボーイ】は37年かけて日本の研究者が開発した、世界で初めてオスだけの繭から作られた特別な絹。銀座もとじが繭からプロデュースし、すべての商品に作り手たちの詳細を記し、履歴のわかる“純国産”のものづくりを進めています。2015年には『農林水産大臣賞』を受賞。その開発から、養蚕、製糸、染織、着物につくられるまでを追ったドキュメントは一冊の本『天の虫 天の糸』に綴られています。

   <種> 大日本蚕糸会 蚕業技術研究所
          大沼昭夫
   <養蚕農家> 谷田部尅詮
   <袋綿> 関根商店
   <糸> 水野商店
   <織> 添野重子

「プラチナボーイ」につきましてはこちらから
【和織物語】プラチナボーイ物語「天からの贈りもの」
書籍『天の虫 天の糸』のご案内


「結城紬」について

本場結城紬検査協同組合の証、検査合格の証がついております。

ふっくらとした手触り。つつみこまれるような優しいぬくもり。着るほどに肌になじむ結城紬は、昔は、最初は丁稚に着させて、素材がふっくらとしてから店主が着る、という文化もありました。結城紬こそ、早くお気に入りに出会われ、何度もお召しになり、洗い張りをし、長年かけてのその味わいの変化をじっくりとご堪能いただきたい織物です。月日を重ねて肌に不思議なほどしっとりとなじんでいく極上の絹感をお楽しみください。

オンラインショップ:「結城紬」商品一覧はこちらから


  • 素 材:絹100%
  •  色 :黒×グレー
  • 仕 立:袷(男女)
  • 寸 法:生地巾(外巾)1尺5分(約39.7cm)
  • 納 期:寸法確定後約40日
  • *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。

この続きを読む

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

《プラチナボーイの作り手メッセージ紹介中》結城紬 地機 生掛「細縞 黒×グレー」(広巾)
《プラチナボーイの作り手メッセージ紹介中》結城紬 地機 生掛「細縞 黒×グレー」(広巾)

商品カテゴリ商品カテゴリー