お問い合わせ

伝統的工芸品 黄八丈 角帯 「縞重ね 銀ねず×墨黒×鳶茶」

商品番号
1315106737
会員特別価格 (税込)
93,100
通常価格(税込)
98,000
仕立て・裏地・送料・消費税込みの価格です。お手元確認できます。

本場 黄八丈の角帯は、古典的にも、モダンにも着こなせると、当店でも人気のアイテムです。

こちらは黄八丈ならではの伝統的な「椎」の墨濃淡で織りなした細縞をベースに、「まだみ(たぶの木)」の鳶茶色で交差するように縞をあしらったモダンなデザイン。さりげなくも個性が楽しめます。

ほどよい張り感も扱いやすく、キュッと締まる心地も魅力的です。

モダンにも着こなせる伝統の織物。シックな色合いの無地や縞が多い男性の着物スタイルにアクセントになる一品です。趣味あふれる帯姿をぜひお楽しみください。


「黄八丈」について

黄八丈は伊豆諸島の一つ、八丈島で織られている織物です。その歴史は古く800年以前から納税品として収められておりました。八丈島の名は「八丈織」から取られたとも伝えられています。東京生まれの黄八丈は1948年に東京都の無形文化財に指定されました。

黄八丈は生糸で織られた植物染め、手織りが特徴の織物です。その輝く黄色の格子模様は江戸時代庶民の間で大変流行しました。輝くばかりの黄色を生み出すのは「こぶな草(八丈刈安)」です。他に鳶色は「まだみ(たぶの木)」、黒は「椎」から染めだします。最近では昔ながらの黄色の格子のほかに、現代の街並みや洋装の中でも引き立つ鳶色や黒色の色目も人気で多く織られています。

また黄八丈は平織のほかに独特の織り模様を作り出す綾織も特徴の一つです。綾織は光を反射して美しい光沢を出すと共に、身体に添うしなやかさと長い使用に耐える強さを備えます。その綾織の数々は、「めかご」「まるまなこ」「市松織」「本高貴(ほんごうき)」「風通崩し(ふうつうくずし)」「足高貴(あしごうき)」と言われ、複雑なものになりますと今では数人の方しか織る事が出来ず、貴重なものとなっています。

【作家産地】「黄八丈」のご紹介はこちら


  • 素 材: 絹
  •  色 : 銀ねず×墨黒×鳶茶
  • 仕立て: 房を切って端をかがります
  • 納 期: 約10日
  • *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
 【男性のきもの/角帯】についてのお仕立て詳細は、こちらをご覧ください。
 ご納品までしっかりフォロー&サポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

伝統的工芸品 黄八丈 角帯 「縞重ね 銀ねず×墨黒×鳶茶」
伝統的工芸品 黄八丈 角帯 「縞重ね 銀ねず×墨黒×鳶茶」

商品カテゴリ商品カテゴリー