お問い合わせ

【特集 伝統工芸展開催中】【特集 人間国宝 北村武資】 角帯 「経錦 花亀甲 金通し 黄×ベージュ×サーモンピンク」

2020年9月16日(水)より、 東京での開催を皮切りに全国10の会場で「第67回 日本伝統工芸展(令和2年)」が開催。 染織をはじめとする諸工芸7つの部門の伝統の技術を現代の感性で磨き上げた素晴らしい作品が並びます。ぜひ、足をお運びください。
※銀座もとじは2019年より「公益社団法人 日本工芸会」の協力企業として活動を応援させていただいております。
第67回日本伝統工芸展詳細、全国巡回スケジュールはこちらから

「人間国宝」作品一覧
「日本工芸会会員」作品一覧

織りの構造美を極め、「羅」「経錦」の二つの分野で人間国宝に認定された北村武資氏の作品が一堂に集いました。ぜひ豊富な中からお選びいただけるこの機会にご覧ください。
【特集】「人間国宝 北村武資」コーナー


人間国宝 北村武資氏の作品としては大変珍しい、『経錦(たてにしき)』の角帯作品です。

『経錦』とは、経糸の浮き沈みで地と文様を織り出した錦のことです。数色の色経糸をまとめて1本のように扱い、地や文様に必要な色経糸を表に出し、残りの色経糸を裏側に沈めることによって織り表すという、大変複雑な織の技法です。

こちらは全体に金糸が織りなされた金通しの華やかなデザインです。

仙台平の袴下にされたら唯一無二の極上のフォーマルが仕上がります。
勝負の日の一本、稀少な逸品をこの機会にご堪能ください。


人間国宝 北村武資氏について

■1995年「羅」認定
■2000年「経錦」認定

二つの分野で人間国宝に認定されている方は現在でもほとんどいません。

15歳の時から精進した西陣織の技術を駆使して、誰からも教わることなく編み出されたこの織。人間国宝の世界では「世襲」か「師匠について長年修業を積んで身につける」かの二通りの道が大多数を占める中、 北村武資氏はただ独学で自身の道を築き上げました。

1972年、「長沙馬王堆漢墓(ちょうさまおうたいかんぼ)写真速報展」で出会った「羅」という織物。その幻想的な美しさに魅せられ、しかもそれが2000年前の人々の生活の中で生きていた美しさであったことに感銘を受けた北村氏。それから、そこで見た写真のみから推測して羅を復元したということに驚かずにはいられません。

羅を自在に織ることができるようになった北村氏が、次に目指したのは「経錦」の復元でした。「経錦」も中国の唐の時代に日本へ伝わりましたが、製織が比較的容易な緯錦が主流となり、奈良時代以降には織られなくなった織物です。

権威のあるさまざまな発表の場で数々の賞を受けたことは言うまでもありません。

しかし、北村氏の織りは、単なる古代製織技法の復元ではありません。 北村氏の織物は『現代に生きる織』と言われます。 古代とは全く違う独自の世界。織技の解明、継承を求めつつも、現代の街に合う色や地風を作り上げる。かつて古代中国の人々の中で羅が生きてきたように、現代の人間が現代に生きる織物を現代感覚で作り出していかなければならないと考えているのです。

【作家産地】「北村武資」のご紹介はこちら
【作家産地】「北村武資」に関する記事一覧はこちら
オンラインショップ:「北村武資」商品一覧はこちら


  • 素 材: 絹
  • サイズ: 幅約10.2cm×長さ約450cm
  • 価 格: お気軽に問合せください
    *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。
    *特別加工(ガード加工など)をご希望の場合は、別途料金が必要となります。
  • 納 期: 約10日

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
 【男性のきもの/角帯】についてのお仕立て詳細は、こちらをご覧ください。
 ご納品までしっかりフォロー&サポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

 【特集 伝統工芸展開催中】【特集 人間国宝 北村武資】 角帯 「経錦 花亀甲 金通し 黄×ベージュ×サーモンピンク」
 【特集 伝統工芸展開催中】【特集 人間国宝 北村武資】 角帯 「経錦 花亀甲 金通し 黄×ベージュ×サーモンピンク」

商品カテゴリ商品カテゴリー