お問い合わせ

【創業40周年記念作品展】【プラチナボーイ】(単衣仕立て) 本場結城縮 地機 縮織 小格子

創業40周年記念作品展『繋がり』
「創業40周年記念作品展」商品一覧はこちら

【工房コメント】
結城紬の特徴は手でつむいだ糸による柔らかな色にあり、それが最も端的に出るのは白と黒であると思います。プラチナボーイという素材を活かすために余計なことはせず、その二色だけを用いた格子柄としました。生産者履歴には書ききれなかった、真綿がけや染色、機の下拵え、図案師など多くの職人がこのシンプルな一反に関わっています。


『繋がり』をテーマに作家の方々、各産地の方々と共にプラチナボーイや銀座の柳を素材として、総数160点の渾身の作品を作り上げました。

私たちは全国各地のものづくりのトップランナーの方々と共にチームを組み、思考と対話を重ねながら、身に纏われるお客様が自分らしい美意識を表現でき、確かな自信に繋がる最愛の一枚となることを心から願い、走って参りました。

至高の手技と最良の素材を通し、うつくしさを愛でる心を貴方に語りかけます。洗練された現代の優美さ、ゆたかさ、貴方の魅力をよりいっそう輝かせる一枚に出会ってください。


「結城縮」について

“単衣の季節に着られる結城”

「結城縮」は、さらさらとした肌触りが心地良い“極上の単衣”

気候の変化により単衣を着る季節が広がってきた現代に、大人の上質なお洒落を楽しむワードローブとしてぜひおすすめしたい着物です。

明治時代には、「結城紬」より「結城縮」の方が生産が多い時代があったことをご存知ですか。
当時、「結城縮」の風合いが評判を呼びたちまちヒット商品に。その為「結城紬」の生産が激減したことを受け、その技術保存の為、1956年(昭和31年)に「結城紬」が国の重要無形文化財に指定されました。すると逆に生産がシフトされ、「結城縮」は1985年(昭和60年)には年間23反まで落ち込んだ時期もありました。現在も生産数は少なく、「結城縮」を一堂にご覧いただける機会はなかなかないかと存じます。

八丁撚糸機により1メートルあたり2000回転もの撚りをかけた縮用の強撚糸を緯糸に織り込むことで生まれる独特のシャリ感。
暑さを感じはじめる季節に「さらっとした着心地」は重要なポイントです。
ぜひこの機会に快適な着心地をご体感ください。

工芸ライター 田中敦子氏に【和織物語】を綴っていただきました。「結城縮」につきましてはぜひこちらもお読みください
【和織物語】「極みの単衣 本場結城縮」


プラチナボーイについて

【プラチナボーイ】は37年かけて日本の研究者が開発した、世界で初めてオスだけの繭から作られた特別な絹。銀座もとじが繭からプロデュースし、すべての商品に作り手たちの詳細を記し、履歴のわかる“純国産”のものづくりを進めています。2015年には『農林水産大臣賞』を受賞。その開発から、養蚕、製糸、染織、着物につくられるまでを追ったドキュメントは一冊の本『天の虫 天の糸』に綴られています。

「プラチナボーイ」につきましてはこちらから
【和織物語】プラチナボーイ物語「天からの贈りもの」
書籍『天の虫 天の糸』のご案内


  • 素 材: 絹
  • 仕 立: 単衣(男女)
  • 季 節: 単衣
  • 納 期: 寸法確定後約40日
  • *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。

この続きを読む

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【創業40周年記念作品展】【プラチナボーイ】(単衣仕立て) 本場結城縮 地機 縮織 小格子
【創業40周年記念作品展】【プラチナボーイ】(単衣仕立て) 本場結城縮 地機 縮織 小格子
【創業40周年記念作品展】【プラチナボーイ】(単衣仕立て) 本場結城縮 地機 縮織 小格子

商品カテゴリ商品カテゴリー