お問い合わせ

【10月 清水晶子展】(紳士用) 中折れ帽 チャコールグレー×青緑 カシミヤ 

商品番号
1590213187_c
会員特別価格 (税込)
104,500
通常価格(税込)
110,000

【10月催事】清水晶子展 ~My Favorite Things~
期 間 : 2019年10月18日(金)〜20日(日)
「清水晶子展」商品一覧はこちら

はじまりは2008年の冬。11年の歳月が過ぎる中で、沢山の幸せな出会いをいただきました。
今秋、4年振りの個展となります。
“素材の質感にこだわり、大切に制作をすること”
ヴェネツィアに移住して8年。私の五感が「風と太陽と水」に触発され、戸惑いながらも融合し研ぎ澄まされていくのを感じます。大切なあなたへ、今の私だからお届けできるお帽子です。
清水晶子

ぎゃらりートーク:19日(土)10~11時 【受付中】
作品解説:19日(土)20日(日) 各15時~(15分間) 【受付中】
作家在廊:18日(金)13~19時、19日(土)20日(日)11~19時
企画展詳細はこちらから 申し込みはこちらから


ヴェネツィア在住の帽子デザイナー・清水晶子さん。
フランスの名門・名店でトップクラスの帽子デザイナーから学ばれた確かな技術とセンス。 日本人の顔立ちに合わせた清水晶子さんのデザインは、 木型にこだわり、つばの大きさや左右のカーブの微妙な違いで美しさを演出します。

帽子作りは、木型に生地を乗せて、指の腹でなぞりながら少しずつ木型のフォルムに素材を添わせて作り上げていきます。その絶妙な加減に、デザイナーの技術とセンスが問われます。磨き抜かれた手技は上質な素材の魅力に風格を生み出し、感性豊かな色彩感覚は大人の品格ある風情を漂わせます。

制作はすべて清水さん一人。とことん手縫い。目の届かないところで生産はしない。素材もフランス時代に出会った信頼できる店へ依頼して、輸入するというものづくり。

そしてフォルム。清水さんが目指す帽子は“美の王道”。

流行性や個性が強いものではなく、本来の帽子の形が一番身につける方の姿を美しく見せてくれるもの。 清水さんの帽子は作家の個性を見せつけるものではなく、スタンダードなスタイルにそっと、しかし入念に計算し尽くした隠れたこだわりを込めたものです。

「自分には帽子が似合わない」と思っていた店主 泉二も、 今では季節を通して、清水晶子さんの帽子を肌身離さず愛用しています。

帽子はお洒落姿の画竜点睛。
今回は紳士用、婦人用、そして和洋兼用だけでなく洋装用のみの作品もご紹介します。

清水晶子さんが作り上げる絶妙なフォルムの極上の帽子をぜひこの機会にお楽しみください。

※清水晶子さんについてはぜひこちらをお読みください。
帽子の特徴、扱い方のコツ、お手入れもご案内
【泉二の一口対談】「帽子作家 清水晶子さん(SHIMIZUAKIKO)」
フランスにおける名門・名店での修行時代、大切な木型
清水晶子さんのぎゃらりートークレポート


<清水晶子さんプロフィール>

フランスで、オートクチュールの帽子デザインと製作技術を習得した帽子デザイナー。フラワーアレンジメントの仕事を経て、27歳の時「生涯出来る仕事」として母親が手掛けていた「帽子製作」を選ぶ。予備知識もないまま単身渡仏。語学学校に通いながら1年間フランス中の帽子店を巡り情報を集める。帽子職人のほぼ全員が薦めたMod’Art International deParisに入学(当時は帽子製作の専門学校)。そこでオートクチュール帽のデザインと製作技術を学ぶ。2004年「フランス職業適性証」を取得する。帽子アトリエ「マリーメルシェ」にて研修開始。カジュアル帽子から正装用帽子まで幅広く作製を手掛ける。2005年パリ国立オペラ座内のアトリエにて研修開始。15年間専属でバレエの帽子製作をしていた第一人者コリーヌの元で最高の技術とデザインを学ぶ。この年、世界で3代帽子のコンクールの一つと言われる仏ファッション誌「マダム・フィガロ」主催の帽子コンクールにて2位受賞(日本人初)。同年、コンクールオクターフォイユ(フランス)主催の帽子コンクール2005で1位獲得。2006年フランスの老舗帽子店アトリエ「MICHEL」にて研修開始。シャネル専属の帽子製作の傍ら「ルイ・ヴィトン」「エルメス」「バレンシアガ」の帽子も製作。 2006年帰国、自己ブランド「SHIMIZUAKIKO」を立ち上げ、現在はイタリア・ヴェネツィアにて制作を続ける。


<清水晶子さんのこだわり>

銀座もとじでも当初より制作を依頼し、大人気の“中折れ帽子”はまさに清水晶子さんのこだわりが隠されたもの。

■帽子のつばは左右非対称
帽子は本来少し斜めにかぶるもので、普通は帽子そのものは左右対称に作り、身につける方ご自身で斜めに角度を付けて被るものですが、これがなかなか、格好いい斜めの角度の被り方というのは難しいと言われます。そこで最初から極わずかにだけ、左右でつばの長さや角度を微妙に変えて“左右非対称”に手を加えています。すると、あえて斜めにかぶらなくても、かぶりこなしているような雰囲気が実現されます。

■東洋人の円形の頭に合わせたフォルム、でも前からは美しく
頭を入れる円系の輪の部分にもこだわりが。西洋人向けは楕円形なのに対して東洋人向けはまんまるの円形が基本。清水さんはその中間くらい、楕円形の少し手前くらいの形を採用しています。「外側の形を見ると、西洋人向けの横長フォルムの方がきれいに見える。でも 日本人の頭形は東洋人なので丸みが強い。そこで楕円系よりも少し丸くして被りやすくして、でも外から見ると西洋風の横長フォルムになるように仕上げています。」

■和装にも合う色へのこだわり
銀座もとじの為に制作いただいている帽子は、和装にも合うように“微妙な色合い”を選んでくださっています。


※取扱いの注意
・天然繊維ですので、帽子前方等を強くつままないでください。
・着脱時は必ず両手で、左右、または前後を軽くお持ちください。
・乾燥に弱いので暖房、冷房の強い所には保管をしないで下さい。
・良く乾かしてから、お届けする専用の箱にしまってください。


  • 納 期: 約2~4日
  • *消費税、送料込みのお値段です。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【10月 清水晶子展】(紳士用) 中折れ帽 チャコールグレー×青緑 カシミヤ 
【10月 清水晶子展】(紳士用) 中折れ帽 チャコールグレー×青緑 カシミヤ 
【10月 清水晶子展】(紳士用) 中折れ帽 チャコールグレー×青緑 カシミヤ 

商品カテゴリ商品カテゴリー