お問い合わせ

(夏もの)八寸名古屋帯 葛布 全通「無地 墨色」

商品番号
1320301252
会員特別価格 (税込)
266,000
通常価格(税込)
280,000

伝統の織物、葛布の八寸帯のご紹介です。

「葛布」は、「くずふ」とも「かっぷ」とも呼ばれ、葛の茎の靫皮繊維(表皮のすぐ下にある柔らかい繊維)を糸にして織り上げた布です。

葛布の歴史は古く、綿や麻が大陸から入ってくる以前の古代日本では、身近な植物である葛から布が作られていたと考えられています。今ではその風合いの「素朴」さが持ち味だと思われている葛布ですが、古代では庶民の衣服ではなく貴族の衣装として用いられていたそうです。

葛布は、6月から8月にかけ、その年新しくのびた蔓で、2~3mくらいになったものの根元に鎌を入れて採ります。採取した葛を煮て、水に取ります。そしてススキなどで葛の葉を覆い室状にして発酵。葛の表面がぬるぬるして容易にはがれるようになったら、室から起こし、川で水洗いをして、乾かします。そして細い葛糸一本一本を結び繋げて、やっと織物用の糸を作ることができるという、大変手間暇のかかった織物です。

自然の中で育まれた力のある葛を、丁寧に細い細い糸にして、涼やかに織り上げた帯。布を愛しむように大事にお召し続けていただきたい一品です。

自然素材の無地八寸帯はさりげない表情ですので、夏の着物にはもちろんのこと、浴衣を着物として召すコーディネートにも使い勝手良く人気です。


  • 色 柄: 墨色・全通
  • 仕 立: 開き仕立て(現状は未仕立)
  • *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。
    *松葉仕立て、特別加工(ガード加工など)をご希望の場合は、別途料金が必要となります。
  • 納 期: 寸法確定後約20日

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

(夏もの)八寸名古屋帯 葛布 全通「無地 墨色」
(夏もの)八寸名古屋帯 葛布 全通「無地 墨色」

商品カテゴリ商品カテゴリー