お問い合わせ

【松原伸生】長板中形 藍染め 九寸名古屋帯 全通「笹文」

商品番号
1310309360_i
会員特別価格 (税込)
313,500
通常価格(税込)
330,000
仕立て・裏地・送料・消費税込みの価格です。お手元確認できます。

こちらの商品におすすめの関連商品のご紹介

長板中形の藍染め作家 松原伸生さんの帯作品のご紹介です。

耳を澄ませばさやさやとゆれる葉音が聴こえてくるかのよう。 大小の笹が重なり合う情緒豊かなデザインです。

素材は、さらりとした紬地を使用しています。
また柄行は《全通》に染められ、柄合わせもお気にせずお楽しみいただけるのも魅力です。

代々受け継がれてきた伝統の『長板中形』の職人の技術。
数々の染色展で認められる松原伸生さんは、その技術を踏襲して、伝統を守りつつも、現代の人々に合ったものを作るべく、ご自身でも伊勢型紙を彫り、現代の人々の体型に合わせて、裄の長い方用の生地にも合う型を作り出すなど、オリジナリティのある創作活動を続けられています。

松原伸生さんならではの藍染めの美しさを是非この機会にご堪能ください。

※帯は着用時に裏面が見えないため両面から糊置きはしておりません。


松原伸生さんと「長板中形」について

松原伸生さんは、1965年、東京に生まれました。祖父は人間国宝の松原定吉氏。その息子たちは『松原四兄弟』と言われ活躍し、その一人である利男氏の息子が伸生さんです。

高校卒業後より父・利男氏に師事し、19歳の時に父とともに現在の千葉県君津市の工房に移りました。その環境は、森に囲まれた、よく陽の当たる、水の美しいところ。工房にいると猿の鳴き声が聴こえるようなきれいな自然に包まれた場所です。

『長板中形』とは、型染技法のひとつ。約6.5メートルの長いモミの一枚板の上に生地を張り付けて、渋紙の型紙を置いて防染糊を“両面”に引いていきます。それを天日に干して、生地に豆汁を引き、乾いたら、藍甕で浸染をします。

『両面に防染糊を引く』というのが大きな特徴で、まず表面に引くときには生糊(きのり:自然色は生成り色)に赤色をつけたもので引き、乾いた後、裏面に引くときにはその赤い色彩を頼りに、ぴったりと同じ場所に型を乗せていきます。渋紙の型は染める前に一晩水に浸しておくのですがすぐに乾いてしまうので、3回ほど型で糊を置いては水に浸すという作業を繰り返すという大変なもの。新たに型を生地に付けるときには、その直前の風合いに合わせるための微妙な力の入れ具合が重要だといいます。

こうして両面の同じ場所に糊を置いて藍甕で染める『長板中形』は、表裏ともに同じ柄になるので、白い部分が本当にくっきりときれいに浮かび上がるのです。(片面だけ糊置きをすると、裏面は全面藍色に染まり、白の背景に強く藍色を感じる色になります。)この、藍と白の明快な対比の美しさが『長板中形』の魅力です。

【作家産地】「松原伸生」のご紹介はこちら
【和織物語】「藍と白による文様の再発見~松原伸生の長板中形~」
オンラインショップ:「松原伸生」商品一覧はこちら


  • 素 材: 絹100%
  • 色 柄: 藍・全通
  • 仕 立: 名古屋仕立て(現状は未仕立)
  • *お仕立て代、消費税、送料込みの価格です。
    *開き仕立て、松葉仕立て、特別加工(ガード加工など)をご希望の場合は、別途料金が必要となります。
  • 納 期: 寸法確定後約20日

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
 【女性のきもの/帯】についてのお仕立て詳細は、こちらをご覧ください。
 ご納品までしっかりフォロー&サポートさせていただきますので、どうぞご安心ください。

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【松原伸生】長板中形 藍染め 九寸名古屋帯 全通「笹文」
【松原伸生】長板中形 藍染め 九寸名古屋帯 全通「笹文」
【松原伸生】長板中形 藍染め 九寸名古屋帯 全通「笹文」

商品カテゴリ商品カテゴリー