お問い合わせ

【4月 女性コーディネート】【極みの単衣 結城縮展】ブルーの個性派結城縮にオモダカの帯で、表参道のカフェテラスへ

商品番号
20190403_w_cord_02

こちらの商品におすすめの関連商品のご紹介

2019年4月12日(金)-14日(日)開催の「極みの単衣 本場結城縮」にちなみ、2つの男性コーディネートをご紹介いたします。

※この度、工芸ライター 田中敦子氏に【和織物語】を綴っていただきました。「結城縮」につきましてはぜひこちらもお読みください
【和織物語】「極みの単衣 本場結城縮」

もう一つのコーディネートはこちらから
ライトグリーンの結城縮に紫陽花の帯で、銀座のギャラリー巡りへ

テーマ:「ブルーの個性派結城縮にオモダカの帯で、表参道のカフェテラスへ」

涼感際立つブルーの個性的な結城縮に、
オモダカの凛とした姿が美しい夏紬帯を重ねて。
着物と帯柄のリズムが呼応するおもしろみある取り合わせです。
お洒落な洋装の方も集う表参道のカフェテラスへいかがでしょうか。


「結城縮」について

“単衣の季節に着られる結城”

「結城縮」は、さらさらとした肌触りが心地良い“極上の単衣”

気候の変化により単衣を着る季節が広がってきた現代に、大人の上質なお洒落を楽しむワードローブとしてぜひおすすめしたい着物です。

明治時代には、「結城紬」より「結城縮」の方が生産が多い時代があったことをご存知ですか。
当時、「結城縮」の風合いが評判を呼びたちまちヒット商品に。その為「結城紬」の生産が激減したことを受け、その技術保存の為、1956年(昭和31年)に「結城紬」が国の重要無形文化財に指定されました。すると逆に生産がシフトされ、「結城縮」は1985年(昭和60年)には年間23反まで落ち込んだ時期もありました。現在も生産数は少なく、「結城縮」を一堂にご覧いただける機会はなかなかないかと存じます。

八丁撚糸機により1メートルあたり2000回転もの撚りをかけた縮用の強撚糸を緯糸に織り込むことで生まれる独特のシャリ感。
暑さを感じはじめる季節に「さらっとした着心地」は重要なポイントです。
ぜひこの機会に快適な着心地をご体感ください。


(極みの単衣) 本場結城縮 地機 「縮織 山型模様 藍濃淡」 (極みの単衣) 本場結城縮 地機 「縮織 山型模様 藍濃淡」
■ 商品番号:1012200536 【完売御礼】


(夏もの)九寸染名古屋帯 小千谷紬「オモダカ」 (夏もの)九寸染名古屋帯 小千谷紬「オモダカ」
■ 商品番号:1320202211 【完売御礼】


帯揚げ 帯揚げ
■ 商品番号:1570215699 ※価格・在庫は問合せください


帯締め 帯締め
■ 商品番号:1570121796 ※価格・在庫は問合せください


◎それぞれ商品単体でも販売いたしております。オンラインショップ内に単品で掲載の無い商品
については、在庫をお問い合わせください。 ▼お問い合わせ先はこちら
※売り切れの際はご了承ください。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【4月 女性コーディネート】【極みの単衣 結城縮展】ブルーの個性派結城縮にオモダカの帯で、表参道のカフェテラスへ
【4月 女性コーディネート】【極みの単衣 結城縮展】ブルーの個性派結城縮にオモダカの帯で、表参道のカフェテラスへ
【4月 女性コーディネート】【極みの単衣 結城縮展】ブルーの個性派結城縮にオモダカの帯で、表参道のカフェテラスへ

商品カテゴリ商品カテゴリー