お問い合わせ

【9月 女性コーディネート2】 絵羽大島のよそゆき感に染め帯で遊び心をプラス <カジュアル編>

商品番号
20160912_w_cord02

今月のおすすめコーディネートは、2016年9月17日(土)から開催の「プラチナボーイ大島紬 ― 素材と技の幸福な出会い」にちなみ、大島紬の作り手 益田勇吉さんに光沢美しいプラチナボーイの糸を用いてお作りいただいた大島紬2作品に、それぞれ帯を変えることで、ドレスアップorカジュアルな装いと、お出かけ先や着姿の印象を変えてお楽しみいただけるコーディネートをご紹介いたします。

今回は、お出かけのシチュエーションに合わせて、コーディネートの帯を変えたバージョンを合わせてご紹介いたします。

こちらは、裾元と肩から、そっとお色目がグラデーションするように熨斗目に仕上げられた細かな市松文様のプラチナボーイで織り上げられた大島紬に、「竹文」と題された日本工芸会正会員 友禅染作家 萩原いづみさんの九寸帯作品を合わせました。

竹の葉がまるで羽根を広げた鳥のように、ふわりふわりと軽やかに浮かぶ楽しい意匠の帯。深い青色を背景に雲取りの白場が明るく視線を集めて、その中に竹文様が描き出されています。竹葉の彩色は墨色、山吹色、水色のみずみずしい濃淡。色数を抑えた中に、明るい山吹と水色が映えて、やさしいリズムを添えています。

絵羽仕立てになった大島紬は、小紋感覚で、少し気分を上げたお洒落を楽しみたいときにぴったりです。さらにこちらのプラチナボーイの大島紬は、生繭から紡がれた糸を用いて織り上げられた最上質な逸品です。個性ある意匠性で、存在感と品にあふれた萩原いづみさんによる帯作品を合わせて、親しい友人と出かけるランチなどの時間をお楽しみください。

同じプラチナボーイ大島紬の着物に、雰囲気の異なる帯を合わせることで、ぐっと印象の変わったスタイルでもお出かけいただけます。こちらのプラチナボーイ大島紬の装いを少しドレスアップして、花織の帯を合わせたスタイルもご紹介しています。◆帯変えコーディネートはこちら

現代の街並みに似合う感性を追い求めて常に進化を続けている益田勇吉さんが手掛ける大島紬は、織通の方にも必ずやご納得いただける上質な大人のお洒落着。益田さんによるプラチナボーイ大島紬の逸品をぜひ様々な帯合わせによるコーディネートで末永くご堪能いただければ幸いです。


プラチナボーイの生繭を使用「銀河 9マルキ 小市松 ブルーの彩り熨斗目」 プラチナボーイの生繭を使用「銀河 9マルキ 小市松 ブルーの彩り熨斗目」
 ■ 商品番号:2012100178

【萩原いづみ】 手描き友禅 九寸名古屋帯 紬 「竹文」 【萩原いづみ】 手描き友禅 九寸名古屋帯 紬 「竹文」
 ■ 商品番号:1310307151

帯揚 ベージュ×クリーム 帯揚 ベージュ×クリーム
 ■ 商品番号:1570210782

帯締 経巻 アイボリーベージュ×紫×藍ぼかし 帯締 経巻 アイボリーベージュ×紫×藍ぼかし
 ■ 商品番号:1570115713

在庫がない場合もございますので、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※売り切れの際はご了承ください。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【9月 女性コーディネート2】 絵羽大島のよそゆき感に染め帯で遊び心をプラス <カジュアル編>
【9月 女性コーディネート2】 絵羽大島のよそゆき感に染め帯で遊び心をプラス <カジュアル編>
【9月 女性コーディネート2】 絵羽大島のよそゆき感に染め帯で遊び心をプラス <カジュアル編>

商品カテゴリ商品カテゴリー