お問い合わせ

【6月 男性コーディネート2】 深みある空五倍子色を染めた着尺に、男性の遊び心を感じさせる更紗柄の角帯を合わせた優しい品のある装い

商品番号
20160608_m_cord02

今月のおすすめコーディネートは、2016年6月10日(金)から開催の「Colours of Japan 色彩古道 ~吉岡幸雄 古稀記念展~」にちなみ、染色家、染司よしおか五代目当主・吉岡幸雄(さちお)さんの草木染めならでは染色の美しさがひと際映える作品によるコーディネートを2点ご紹介いたします。※もう一つのコーディネートはこちら。

こちらは、吉岡幸雄氏の草木染めで「空五倍子色(うつぶしいろ)」に染め出された着尺に、複数型使用を使用して、ドット重ねの紋様を染めた銀座もとじオリジナルの染着尺を羽織に、更紗柄に染めた角帯、コモノには、金工家 奥村公規作の銀の羽織紐を合わせました。

吉岡幸雄(さちお)氏は、昭和21年4月2日、吉岡常雄氏(昭和63年歿)、俊子氏(平成10年歿)の長男として、京都市伏見区に生まれました。生家は江戸時代から続く染屋で、父常雄はのちに大阪芸術大学教授として教壇に立つとともに、世界の染色研究に没頭。とくに貝紫の研究は他の追随を許さないものでありました。伯父に日本画壇の重鎮、吉岡堅二氏がいらっしゃいます。

生家の「染司よしおか」五代目継承を嫌い、ジャーナリストを志望し、昭和42年、早稲田大学第一文学部文芸学科に入学。しかし、卒業後、父や伯父らの傍らにいて見てきた日本の美術工芸への興味、さらには京都の重層な伝統への関心は断ち切りがたく、昭和48年、自らが代表となり、美術工芸図書出版「紫紅社」を設立。社名に日本古来の代表色といえる紫と紅を配したことは、氏の活動の源泉をあらわしていることはいうまでもありません。

草木たちの命の恵みがたっぷりと染め込まれた吉岡幸雄氏の着尺作品は、色の粒子がぐっと糸の奥に入っていき、無地ながら、存在感があり、表情を感じさせる力強さがあります。

品のある美しい染め上がりの無地着尺は、様々な帯や羽織など幅広いコーディネートを楽しめる包容力があります。こちらは、遊び心ある更紗柄の角帯に、グレーベージュの明るいお色味が、優しく品を感じさせる印象の装いです。

染色史家・吉岡幸雄氏の美しい力強さを誇る草木染めの作品によるコーディネートをご堪能いただければと思います。


【吉岡幸雄】 草木染め 染着尺 「無地 空五倍子色」(超広巾) 【吉岡幸雄】 草木染め 染着尺 「無地 空五倍子色」(超広巾)
 ■ 商品番号:1015101248

(男性もの) 染着尺 複数型使用 「ドット重ね グレーベージュ」 (超広巾) (男性もの) 染着尺 複数型使用 「ドット重ね グレーベージュ」 (超広巾)
 ■ 商品番号:2015300181

角帯 染 「更紗 グレー×赤紫」 角帯 染 「更紗 グレー×赤紫」
 ■ 商品番号:2315100647

金工 羽織紐 「文殊菩薩 銀 兵庫鎖」 金工 羽織紐 「文殊菩薩 銀 兵庫鎖」
 ■ 商品番号:1560114334

在庫がない場合もございますので、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※売り切れの際はご了承ください。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【6月 男性コーディネート2】 深みある空五倍子色を染めた着尺に、男性の遊び心を感じさせる更紗柄の角帯を合わせた優しい品のある装い

商品カテゴリ商品カテゴリー