お問い合わせ

【4月 男性コーディネート2】 極上の肌触り もとじ綿に染め上げた長板中形を涼やかに纏う上質な単衣の装い

商品番号
20150329_m_cord02

今月のおすすめコーディネートは、2015年4月2日(木)から開催の「長板中形 松原伸生展」にちなみ、陽光降り注ぐ、緑深い人里離れた工房で、ひたむきにものづくりを続けられ、また数々の染色展においても見事に受賞を重ねられている藍型染作家 松原伸生さんの『長板中形』によるコーディネートを2点ご紹介いたします。※もう一つのコーディネートはこちら。

長板中形の藍染め作家、松原伸生さんは、1965年、東京生まれ。祖父は人間国宝の松原定吉氏。その息子たちは『松原四兄弟』と言われ活躍し、その一人である利男氏の息子が伸生さんです。

高校卒業後より父・利男氏に師事し、19歳の時に父とともに現在の千葉県君津市の工房に移りました。その環境は、森に囲まれた、よく陽の当たる、水の美しいところ。工房にいると猿の鳴き声が聴こえるようなきれいな自然に包まれた場所です。

『長板中形』とは、型染技法のひとつで、約6.5メートルの長いモミの一枚板の上に生地を張り付けて、渋紙の型紙を置いて防染糊を“両面”に引いていきます。それを天日に干して、生地に豆汁を引き、乾いたら、藍甕で浸染をします。『両面に防染糊を引く』というのが長板中形の大きな特徴で、表裏ぴったりと同じ場所に型を乗せて染め上げていくという、熟練と根気を要し、また常に緊張を伴う仕事です。

こうして両面の同じ場所に糊を置いて藍甕で染める『長板中形』は、表裏ともに同じ柄になるので、白い部分が本当にくっきりときれいに浮かび上がるのです。(片面だけ糊置きをすると、裏面は全面藍色に染まり、白の背景に強く藍色を感じる色になります。)この、藍と白の明快な対比の美しさが『長板中形』の魅力です。

こちらは、単衣におすすめの極上の綿【もとじ綿】を用いて、松原伸生さんとともに制作したオリジナル作品によるコーディネートです。もとじ綿は、まるで絹のようなしっとりとした手触りで、今までの“綿”のイメージとは全く違う、その素材感の上質さにきっと驚かれることでしょう。さらさらと肌に軽い、しなやかな風合いは、極上の着心地です。

こちらは「涛(なみ)文」と題された作品です。躍動感ある波の重なりに、力強い波濤が細やかに表現された個性あるデザインを染め上げました。藍の彩りも、濃すぎず、浅すぎない、松原さんこだわりの絶妙な色調です。お顔映りの明るさも人気です。こちらは<生地巾(外巾)1尺9分(約41.3cm)>の【広巾】の仕上がりですので、裄の長い男性にもお役立ていただきやすいひと品です。

角帯には、太い糸と細い糸を巧みに織り重ねた独特の質感が味わいあるムードを持ったさりげなくお洒落な表情の段模様のひと品を合わせました。深みのあるカーキグレーの濃淡が、長板中形の藍と白にお洒落なコントラストをもたらします。

イタリアの老舗ブランド アットンブリ工房とコラボレーションした【銀座もとじオリジナル】シリーズの、美しい素材と技術を駆使した帯飾りを合わせました。ビーズのブルーが美しく、藍染めの長板中形にイタリアから届いた風がしっくりとお洒落に馴染みます。

素材感を楽しむ単衣時期ならではのこだわりの綿素材の極上の着心地をお洒落なトータルコーディネートで、存分に味わっていただけたらと思います。


長板中形 藍染め もとじ綿きもの 「涛文」(広巾) 長板中形 藍染め もとじ綿きもの 「涛文」(広巾)
 ■ 商品番号:2015900021

角帯 「段模様 カーキグレー」 角帯 「段模様 カーキグレー」
 ■ 商品番号:1315102764

帯飾り 「渦巻装飾 ブルー」 帯飾り 「渦巻装飾 ブルー」
 ■ 商品番号:2590300017

在庫がない場合もございますので、気になる商品がございましたらお気軽にお問い合わせください。
※売り切れの際はご了承ください。

この続きを読む

ご納品までしっかりサポート

▼ ご納品までの流れをこちらにてご説明しております。
お仕立て詳細は、【女性のきもののお仕立て】【男性のきもののお仕立て】

最近チェックした商品

  • チェックした商品はまだございません。

商品画像一覧

【4月 男性コーディネート2】 極上の肌触り もとじ綿に染め上げた長板中形を涼やかに纏う上質な単衣の装い
【4月 男性コーディネート2】 極上の肌触り もとじ綿に染め上げた長板中形を涼やかに纏う上質な単衣の装い

商品カテゴリ商品カテゴリー